Daisuke

Daisuke

My new website

http://www.daisukebike.be
daisukebike@yahoo.com

サルバさん

JapanesePosted by Daisuke Thursday, January 13 2011 16:33:58
2011年1月10日 大阪


自転車で世界一周中のサルバ・ロドリゲスさん(Salva Rodriguez)(39歳)が来日。2006年スペイン、グラナダを出発して90,280kmを走破。日本各地を訪問した後アラスカから北米、南米を走行予定。

スペインで学校の先生をしていたサルバさんは休暇毎に自転車旅行をしていました。しかしだんだん時がたつにつれ自転車で旅をしている休暇の時間だけがいとおしく感じるようになりました。そして違った生活を夢見るようになりました。それは毎日自由を楽しむ生活です。

34歳の時「もう十分だ。」と自分に言い聞かせました。そして、家族と友達、学校にさよならを告げて必要最小限の物を鞄につめアフリカに向けて南に走り始めました。

旅が順調に進み南アフリカに着いた時さらにそこからエジプトに向かう決心をしました。とても幸せな気持ちでした。しかし旅に出て3年が過ぎ家族や友達からいつ帰ってくるのかと尋ねられるようになりました。その時彼には具体的な計画がなく答えられませんでしたが何か答えなければならず、「9年間で世界を一周して帰る。」と答えてしまいました。

選挙に伴う暴動が起こったケニア北部や内戦中のアフガニスタンにも訪問してきましたが一番怖くていやな思いをしたのがシベリアでした。マイナス10度を超える寒さや凍結した道路より、反外国民族意識の高い人や酔っ払い、などにいやな目に何度か合いました。オートバイでやってきた大男にいきなり殴られ危ういところを車で来た親切な家族に助けられたり、水をもらいに行った農家で犬をけしかけられ5匹の犬に咬まれてしまいました。その時は必死で退却して通りがかりのトラックに載せてもらい病院に向かいました。

5年が過ぎサルバさんは日本に来ました。時には家族や友達が恋しくなりますが毎日新しい友達に出会います。素晴らしいところを見て、驚きの文化を見てきましたがまだまだ見るべきものや知るべきことが世界にはたくさんあります。彼には家はありませんし、わずかな物と生活最小限のお金で日々過ごしていますが、裕福な人間でもあります。それは彼が自由を持っているということです。

サルバさんは一言皆さんに言いたいことがあります。「テレビのスイッチを切って目と心を見開いてください。この世の中はテロリストや悪人ばかりの危険な場所ではありません。平和を願う良い人たちや他の人からいろんなことを習ったり助け合ったりできるすばらしい場所です。誰もが幸せになりたくて幸せを感じたいと思っています。本当にその通りです。」

コンタクト:(英語かスペイン語で連絡を下さい)salva2africa@yahoo.es

大阪ではうり坊さん宅で滞在・・・「お接待」

JOBBB ラジオ 45:07~48:26

大阪城でAnPonmanさんと遭遇

  • Comments(5)//blog.daisukebike.be/#post305