Daisuke

Daisuke

My new website

http://www.daisukebike.be
daisukebike@yahoo.com

講演会

JapanesePosted by Daisuke Monday, October 20 2014 03:45:15

2014年10月15日(水) 追手門学院大阪梅田サテライト

追手門学院大学創立50周年記念事業に卒業生の講師として講演を依頼されました。「放浪哲学」出版を記念して、「夢への挑戦」ということで講演しました。地球2周15万キロの自転車旅で見た世界について語りました。私にとって人生の夢を追い続けて進んできた自転車世界旅行でしたが、参加者のみなさんに生きることの価値や楽しみについて考えていただければいいのではないかと思います。若い学生から年配の方たちまでいろんな年齢層の参加者に聴講していただきました。ありがとうございました。

  • Comments(0)//blog.daisukebike.be/#post391

第2回「ペダリアン塾」開講!(町乗りサイクリング)

JapanesePosted by Daisuke Monday, October 20 2014 03:19:37
2014年10月12日(日) 堺市・自転車博物館

大阪難波9:00集合~住吉大社~堺旧灯台~自転車博物館~にさんざい古墳(タヌキ古墳)~仁徳天皇陵~堺市役所15:30解散 ※サイクリングルート

自転車好き14名が参加。ママチャリからツーリングバイク、マウンテンバイク、ロードレーサーとさまざまな自転車が集まりました。大型で強い台風19号が接近中とのことでしたが、台風の接近が遅れたおかげで、雨の予報が晴れに。
今回は町乗りサイクリング。難波をスタートし、堺市にある自転車博物館(シマノ・サイクル開発センター)へと向かいました。信号だらけ、自動車だらけの道のりが続く。常に全員の交通安全に気を付けないといけないので平地が続く道のりとはいえ、けっこう疲れました。自転車の交通ルールや安全走行をもう少し徹底した授業をしなければ・・・。

講習では集団走行での手信号や、自転車に乗る時のポジショニングをカズ爺塾長から教わりました。

私は自転車博物館へは約20年ぶりに訪れました。ここでは自転車の歴史や役割など興味深く勉強できます。自転車の展示が以前とだいぶ違っていて迫力を感じました。3階では、世界一周した自転車の展示が行われています。 世界一周を達成した本物の自転車や迫力ある写真パネルなどで、アドベンチャーサイクリングの醍醐味が伝わってくる特別展です。(世界一周自転車展は来年3月まで)

自転車博物館 シマノ・サイクル開発センター:堺市堺区大仙中町18番2号 月曜日休館

参加者のブログ・・・「第2回ペダリアン塾堺の旅」「銀輪で風を切って走れ~第2回ペダリアン塾」「第2回ペダリアン塾(堺漫遊)」「第2回ペダリアン塾堺の旅(ダイジェスト版)」

※「第3回ペダリアン塾」は11月16日(日)を予定しています。参加資格は自転車に乗れる方で、協調性のある方ならどなたでも参加できます。詳しくは「サイクリングの旅日記・掲示板」でお知らせします。

  • Comments(0)//blog.daisukebike.be/#post390

第1回「ペダリアン塾」開講!

JapanesePosted by Daisuke Monday, September 22 2014 15:30:42
2014年9月20日(土)・21日(日) 兵庫県猪名川町

川西池田駅-多田神社-多田銀山-奥猪名温泉(泊)-篠山城下町-(国道173号線)-天王峠-知明胡(一庫ダム)-川西池田駅

「この先自転車では絶対に行けませんよ。」 と、人から言われたけど、これくらいなら・・・。悪路の自転車押し歩きや自転車の担ぎ上げなど、自転車で世界を旅していたときには砂漠や悪路に遭遇すればしばしばやってました。こんな苦労を体感すれば、いつも当たり前に走っているアスファルト道路の存在がいかに有難いものかを実感することができる。

JACC(日本アドベンチャーサイクリストクラブ)の行事として、「ペダリアン塾」を開講しました!自転車ツーリングの楽しさや自転車に乗ることの知識を参加者に理解してもらえればと思っています。第一回ペダリアン塾の詳細はサイクリングの旅日記で。

  • Comments(1)//blog.daisukebike.be/#post389

高繁勝彦さんとトークライブします!(9月28日(日))

JapanesePosted by Daisuke Wednesday, September 17 2014 16:45:41

放浪哲学」(SBクリエイティブ発行)出版を記念して、9月28日(日)、大阪・天満橋の「天満満天堂」(才能はかり売りマーケットごろっぴあ)(大阪市中央区天満橋京町1-23サンシステム天満橋ビル10階)にて、PEACE RUN (世界5大陸4万キロランニングの旅)実行中の冒険家高繁勝彦さんとトークライブを実施します。世界での冒険旅行についてお伝えしますので、興味のある方はぜひお越しください。詳しくはこちらのfacebookをご覧ください。 https://www.facebook.com/events/735865073167051/

  • Comments(1)//blog.daisukebike.be/#post388

犬山城

JapanesePosted by Daisuke Monday, September 15 2014 00:46:25
2014年9月14日 愛知県犬山城

秋晴れの下、AnPonmanさんと犬山城へ「ミニベロでポタリング」(業界用語)してきました。(=小径自転車で短距離サイクリング) 木曽川河口にある近鉄弥富駅をスタートして、木曽川沿いを遡上、中流域の犬山城まで約50キロのルート。

前日に引き続き、空はすかっと晴れ、久々のいいお天気に恵まれました。伊勢湾からほど遠くない所に位置する近鉄弥富駅近くの木曽川河口は、長良川、揖斐川と三川が接近するところです。川沿いにはところどころ自転車道が整備されています。そして木曽川沿いをさかのぼりしばらくして、立田大橋を渡ると、長良川と木曽川の間の堤防道が上流へと続いていました。そこは10キロもない区間でしたが、アスファルト舗装され、自動車はほとんど通行せず、右にも左にも大河が悠々と流れている素晴らしい風景が広がっていました。「サイクリングの旅日記」でもう少しサイクリングの様子を記しています。

犬山城の天守は、国宝四城(犬山城、松本城、彦根城、姫路城)の中で最も古いとされています。木曽川越しに西から眺める城の姿がとても気に入りました。

木曽川のほとりにそびえる犬山城は名古屋駅から北に約30キロ。周囲には名水百選の「木曽川中流域」や「日本モンキーセンター」、「明治村」、「リトルワールド」、などがあります。

POTALIEN(AnPonmanの海外豆ポタ絵日記)

  • Comments(0)//blog.daisukebike.be/#post387

棚田

JapanesePosted by Daisuke Saturday, September 13 2014 16:02:46
2014年9月13日 大阪府能勢町(大阪府の最北部) 長谷の棚田

実りの秋を迎えました。棚田百選になっている長谷地区も只今刈り取り真っ最中。ここ数日で稲刈りはおおかた終わるでしょう。能勢街道と呼ばれる国道173号線は、けっこう車道に余裕があり、路肩が広い部分が多く走りやすい。緑豊かでサイクリングに楽しい道ですが、危険なトンネル内はできるだけ歩道の上を走るのが賢明です。
夏の暑さもおさまり、秋はサイクリングの季節ですね!

  • Comments(0)//blog.daisukebike.be/#post386

JOBBBインターネットラジオ

JapanesePosted by Daisuke Saturday, September 06 2014 14:58:52
2014年9月5日 豊中市 銀輪亭

7月に発売された著書「放浪哲学」の紹介も兼ねて、馬場章夫さん哲平さん、一家のインターネットラジオJOBBBに出演させてもらいました。収録現場は豊中市の自転車店銀輪亭。朝から熱帯のスコールのようなゲリラ豪雨の下、インタビュー形式の収録が行われました。出版のいきさつや11年におよんだ世界自転車旅のきっかけ、経緯などお答えしました。9月12日(金)に放送されます。


JOBBBラジオは(Japan Osaka Banba Borabora Broadcast )2008年スタートの大阪・千里中央から馬場一家が世界に向けて知的好奇心と未知への探求心をたよりに取材されたことをインターネットで発信しています。

  • Comments(1)//blog.daisukebike.be/#post385

大人の水遊び-南紀古座川キャンプ

JapanesePosted by Daisuke Monday, August 25 2014 01:58:22
2014年8月23日・24日 古座川

ライムガーデンに集う仲間たち12名で和歌山県の清流・古座川へと出かけた。紀伊半島南部を流れる古座川の上流部は日本でもっとも雨の多いと言われる地域で、古座川は「暴れ川」とも呼ばれ、豪雨で大増水を起こすことがしばしばある。巨岩や奇跡が美しい景観を形作っている。国の天然記念物に指定されている「一枚岩」の対岸でキャンプする。

透明度の高い川として知られるが、雨の影響で少し濁っていた。一枚岩を間近にして川の瀬を泳ぎ下るのはなんとも気持ちいい。何度も何度も同じところを泳ぎ下った。流れは結構速いが、ライフジャケットを付ければ子供でも安心して川下りを楽しめる。少し川下にあった小さな岩から飛び込んだり、浅瀬で川エビの一種、手長エビを捕獲して料理したりと川遊びを楽しんだ。

この手長エビは夜間に活動する川エビで、ライトをつけて川の中を照らすと目が光っているのが特徴だ。光った目に近づきそっと網ですくい取るのだ。手長エビは焼いたりフライにしたり、焼きそばに入れてもおいしい。静かな夜の川面でなんだか子供のころに帰ったようにみんなでエビ獲りに熱中した。

  • Comments(1)//blog.daisukebike.be/#post384
« PreviousNext »